医学生が語る自転車生活と医学部予備校の思い出日記

( 更新日:2017/10/18)

★高額な学費負担を軽減させる方法とは!?★

2017.10.02

高額な学費の軽減方法医学部予備校は合格に直結した指導が受けられると評判ですが、学費の高さがネックになっている人も多いでしょう。年間300万円から500万円かかる医学部予備校も多く、なかには1000万円のところもあります。でも学費が高いからとすぐに諦めるのは早すぎます。医学部予備校には学費の低価格化を実現させているところも多く、年間200万円程度で受講できる校舎も誕生しています。また、学力に自信がある人は積極的に選抜試験を受けていくことをおすすめします。選抜試験に合格できれば学費の大幅免除を受けることができるからです。最大2回までチャンレンジできる医学部予備校もあるので、諦めず受験してみてください。筆記試験だけでなく、河合や駿台が実施している模試の成績を選考基準としている場合もあります。高卒生なら医学部入試の一次試験合格者は自動的に学費が安くなる医学部予備校もあります。選抜制度といっても、各予備校で様々な基準のもと実施されているので自分の受けやすい方法を選ぶと良いでしょう。また、選抜試験に合格できるような学力が無い受験生でも毎月の経済的負担を減らすことは可能です。まず、月謝制の医学部予備校を選ぶことです。一般的に医学部予備校は年間の学費を一括前払いのケースが多いので、一度にまとめて大金を用意する必要があります。月謝制ならその必要がなく、受講した期間だけ払えば済みます。推薦入試で早く合格が決まったのであればその後の学費が発生しないのです。よく学費を前納してしまうと途中で辞めてしまっても学費が返金されないという声を耳にしますが、月謝制なら心配無用です。また、自分が必要な教科だけを受講する単科制度の活用もあります。本科生と違い、受講する科目数を決められるのでその分費用を抑えられるわけです。得意科目は大手予備校の安い講座を受講して対策し、苦手科目だけは医学部予備校できっちり指導を受けるという選択肢も悪くはありません。こうやって予備校を使い分けることで学費負担を軽減することが可能になります。予算的に医学部予備校が厳しい人は一度検討してみてはいかがでしょうか。

★あえて考えてみる医学部予備校のデメリットとは!?★

2017.9.19

医学部予備校のデメリット医学部予備校は医師になるための最短ルートとして多くの受験生が集まっています。大手に比べるとブランド力が劣るため知名度は高くありませんが、高い合格率を誇っており進学できる可能性は高まります。医学部予備校の魅力を紹介してきましたが、今回はあえてデメリットを分析してみました。メリットがあるところにはデメリットも必ずと言って良いほどあります。事前にデメリットを把握したうえで医学部予備校を選べば入学後のギャップもなくなり、後悔するリスクを抑えることだって可能です。ぜひこれから医学部予備校を考えている人は参考にしてみてください。医学部予備校の最も大きなデメリットと言えば学費の高さでしょう。安くても年間200万円ほどかかり、高いところでは500万円も珍しくありません。経済力がある程度ないと入学するだけでもハードルが高くなりがちです。ただし、単に金額が高いだけでなく、それだけ授業時間数を確保していたり、講師を少人数で独占できたり、自習室が固定席になっていたりと教育環境が充実している理由があります。サポートの充実度によって学費は大きく変わってくるので自分が求める環境と予算の中から選ぶと良いでしょう。また、医学部予備校のなかには特待制度を採用しており、学力が高い人は授業料の一部が減免されることもあるので、学力に自信がある人は積極的に挑戦してみることをおすすめします。あとは、徹底的に学習管理が行われるので、自己管理が苦手な人はペースが遅れることなく勉強できますが、マイペースに勉強したい人にとっては窮屈に感じるかもしれません。基礎学力がある人、勉強方法が分かっている人、そして、マイペースに勉強していきたい人は大手予備校のような自由な環境のほうが良いかもしれません。他には、医学部予備校の多くが私立向けであること、現役生コースがまだまだ発展途上であることがあげられます。ただし、近年は国公立コースを新設したり、現役生コースを設けるなど、医学部予備校も各校舎で日々改善されているので一度、広範囲に調べてみると良いでしょう。きっと魅力的な予備校が見つかるはずです。

★最寄りに医学部予備校が無い人は通信という選択肢もあり★

2017.8.17

医学部予備校の通信講座医学部予備校は医学部合格への近道と言われていますが、地方在住の人などは近くに校舎が無いというケースも多いと思います。高卒生なら寮を利用するなどして首都圏の医学部予備校に通うことも可能ですが、現役生は学校生活があるため拠点を移すことは不可能です。そんな時におすすめなのが通信講座を利用して医学部予備校の授業を受けることです。通信講座なら自宅にあるパソコンやタブレット端末を使って授業を受けることができるため、全国各地で質の高い医学部対策ができます。高卒生でも経済的理由から自宅から動けないという人もいると思いますが、そんな人にも最適です。最近では、スカイプなどテレビ電話を使ってリアルタイムにマンツーマン指導を受けることができる講座も誕生しています。映像授業を視聴する一方通行の授業ではないため、集中力が途切れず、分からないときはその場で質問できるため学習効率は非常に高いです。しかも、通学講座に比べると学費は割安であることが多いので経済的なメリットもあります。通信講座は、通学生と違って常時学習管理を行うことが困難であるため勉強が思うように進まないのではないかと思う人もいるでしょう。しかし、医学部予備校の通信講座は、電話やテレビ電話を使って常に学習状況を管理していくため、通学生徒と遜色のないサポートサービスを受けることができるので安心です。昔は通信講座のサポート体制などが劣ると言われていましたが、IT技術の発達によって今では手厚いサポートが受けれるようになりました。医学部受験は非常に難易度が高いため、地元の進学予備校に通うのではなく、実績豊富な首都圏の医学部予備校の通信講座を受講することも検討に入れてみてはいかがでしょうか。特に地元以外の医学部を志望している受験生にはより合格に直結した指導を受けることができます

★医学部合格なら予備校に通うのが必須!夢実現への投資は大切です!★

2017.6.12

関西の医学部予備校比較医学部予備校はその名の通り、医学部進学に特化した指導を行っている予備校です。東京をはじめとした首都圏に多いですが、多くの医学部が集まる関西にも個性豊かな医学部予備校が校舎を展開しています。さらに最近では大手の河合塾が梅田に医学部受験専用の校舎を設けるなど生徒集めの競争がより一層激化しています。競争原理が起こると各医学部予備校では独自の制度を設けるなど受験生にとって魅力的な環境を提供するために切磋琢磨するため、受験生にとっては歓迎です。関西の医学部予備校から全国の医学部を目指すことは可能で、毎年多くの生徒が全国各地の医学部へ合格しています。それでもやはり、地元である関西の医学部への合格実績が豊富です。地元の医学部へ進学を希望する生徒も多いことが合格実績を押し上げているのも事実ですが、それだけ豊富な情報やノウハウを有しているため、関西の医学部を目指す受験生は特におすすめです。関西には、京大、阪大の旧帝大医学部があるだけでなく、旧制医科をルーツに持つ京都府立医科大など名門国公立大学医学部が豊富にあります。また、大阪医科大や関西医科大といった全国的にも難易度が高いことでも有名な名門私大があります。大阪にある医学部予備校で人気の高い校舎は、進学塾ビッグバン、医進の会、メビオなどがあります。進学塾ビッグバンは、圧倒的な学習時間を確保し、夜9時まで校内学習を強制させるなど厳格な学習管理で多くの医学部合格者を誕生させています。大阪には2校、東京に1校と計3校の校舎を展開しており、医学部予備校のなかでも規模の大きい部類い該当します。医進の会は、マンツーマンの個別指導に特化した医学部予備校で、アットホームな学習環境を提供しています。個別ブースでそのまま自習や休憩を取ることが可能で、席取りや移動の手間が省け、とことん学習に集中できると評判です。最後にメビオは、他の医学部予備校と比較すると高額な学費が目立ちますが、合格実績も非常に高いのが特徴です。学費は高卒生で700万円ほどかかりますが、多くの生徒が医学部へ進学しているため、あとは安いか高いかは個人の価値観によって異なってくるでしょう。関西にも他にも多くの医学部予備校があるので、自分が学びやすい環境を見つけ出すことが合格への近道となります。

★医学部合格なら予備校に通うのが必須!夢実現への投資は大切です!★

2016.4.01

医学部予備校比較ランキング2016年度の入試もほぼ終わり、次年度合格に向けて新たなスタートを切る人も多いでしょう。医学部は、毎年受験生が増加しており年々難易度が高くなっており、しっかりとした対策が必要となっています。経済的負担を考慮して独学を選ぶ人もいますが、自己管理だけで偏差値60以上の高い学力を身に着けるのは相当厳しいと考えたほうが良いです。また、医学部は入試傾向が明確で、志望校の対策をどれだけ効果的に行ったかが合否へ大きく影響してきます。したがって、医学部に特化した受験指導を行う予備校に通うことが合格への最短ルートと言っても過言ではないでしょう。医学部専門予備校は、学費が高いという声が大きく聞かれますが、それだけ生徒一人に講師が割く時間が多いのが特徴です。大手予備校ならチューターなどがサポートするようなことも、プロの講師が親身に対応してくれるので知識の定着に差が出ます。確かに、学費が高いと思うような医学部専門予備校もありますが、年間学費が200万円から300万円程度であれば妥当だと言えます。多くの医学部予備校では季節講習や直線講習なども学費に含まれていることが多いからです。予備校によっては、大手が1年でやることを3回繰り返し行うなど圧倒的な学習時間と学習量を、少人数で講師を独占するのでそれだけの費用はやはりかかってしまうのです。ただし、1年で医学部合格にできれば、300万円という学費も医師になれば容易に取返すことができてしまいます。よく、大手は安いからと入学するものの2浪・3浪と合格するまで時間と費用が発生してしまい、結果的に大手のほうが負担が大きかったという人を多く目にします。重要なのは、1年で医学部に合格することです。これを実現できる医学部専門予備校で学ぶことが一番です。学費だけで選んでしまわずに、最適な学習環境を重視して予備校探しを行ってみてください。

医学部 予備校はコチラ

URL:xn--0kq33cz5c8wmwrqqw1d.biz

医学生が語る自転車生活と医学部予備校の思い出日記

ページトップへ戻る

管理人情報 | 利用規約

Copyright (C) 医学生が語る自転車生活と医学部予備校の思い出日記 All Rights Reserved.